space_space.gif
 龍馬堂>>土佐藩概略>>土佐藩概要>>土佐勤王党 
space_space.gif

土佐藩概略

LinkMark土佐藩概要

軍事力

LinkMark所有艦船

諸隊諸党

LinkMark土佐勤王党

LinkMark海援隊(社中)

LinkMark陸援隊

LinkMark五十人組

LinkMark新おこぜ組

LinkMark迅衝隊

LinkMark独眼龍組

LinkMark三十人組

LinkMark新海援隊

関係諸隊

LinkMark天誅組

LinkMark忠勇隊

LinkMark五卿衛士

新政府役職

LinkMark新政府三職

功労

LinkMark特旨贈位

LinkMark華族爵位

幕末土佐藩

LinkMark土佐藩概略

LinkMark土佐藩年譜

LinkMark土佐藩の肖像

space_space.gif

土佐勤王党


盟曰
堂々たる神州戎狄の辱しめをうけ、古より伝はれる大和魂も、今は既に絶えなんと 帝は深く歎き玉う、しかれども久しく治れる 御代の、因循委惰という俗に習いて独りも此心を振い挙て、
皇国の禍を攘う人なし、かしこくも我が 老公、夙に此事を憂い玉いて、有司の人々に言い争い玉えども、却てその為めに罪を得玉いぬ、斯く有難き御心におはしますを、など此罪には落入玉いぬる、君辱かしめを受る時は臣死すと、況てや
皇国の今にも衽を左にせんを他にや見ゆるべき、彼の大和魂を奮い起し、異姓兄弟の結びをなし、一黠の私意を挟まず、相謀りて国家興復の万一に裨補せんとす、錦旗若し一たび揚らば、団結して水火をも踏むと、爰に
神明に誓い、上は
帝の大御心をやすめ奉り、我が 老公の御志を継ぎ、下は万民の患をも払はんとす、左れば此中に私もて、何にかくに争うものあらば、神の怒り罪し給うをもまたて、人々寄つどいて腹かき切らせんと、おのれおのれが名を書きしるし、おさめ置ぬ。
文久元年辛酉八月

space_space.gif

■結成〜壊滅
文久元年八月〜慶応元年閏五月一一日
■盟主
武市半平太
■備考
 江戸滞在中の武市半平太が切迫する時勢に応じるため、土佐の同志を結集し結成した尊王攘夷党。その主眼は盟約文に詳しく、盟主武市半平太の意志を反影して挙藩勤王を目標とする。
 藩に対する路線の違いから吉村虎太郎ら脱藩者を出すこともあったが、参政吉田東洋暗殺に成功後、藩主山内豊範を奉じて上洛。藩論を転換し勤王三藩の一翼をになうまでにいたる。
 文久年間、尊攘派最盛期のおり土佐藩が薩長両藩にならぶ発言力を有せたのも一重に土佐勤王党の力によるといっても過言ではないだろう。しかし老公山内容堂が権勢をにぎると武市は投獄され、勤王党は弾圧のなか自重派と脱藩派にわかれ、武市の切腹によって事実上壊滅する。

space_space.gif

武市半平太
武市半平太
大石弥太郎
大石弥太郎
間崎哲馬
間崎哲馬
坂本龍馬
坂本龍馬
中岡慎太郎
中岡光次
土方楠左衛門
土方楠左衛門
千屋寅之助
千屋寅之助
北添佶馬
北添佶馬
浜田辰弥
浜田辰弥
橋本鉄猪
橋本鉄猪
高松太郎
高松太郎
平井収二郎
平井収二郎
安岡金馬
安岡金馬
吉村虎太郎
吉村虎太郎
岡田以蔵
岡田以蔵
池内蔵太
池内蔵太
那須信吾
那須信吾
土佐勤王党血盟者姓名簿 一九二名(署名盟約順)
武市半平太 小楯大石弥太郎 元敬島村衛吉 重険間崎哲馬 則弘
門田為之助 穀柳井健次 友政河野万寿弥 通明小笠原保馬 正実
坂本龍馬 直陰岡本恒之助 俊直川原塚茂太郎 重幸上田楠次 元永
弘瀬健太 年定多田哲馬 則考曽和伝左衛門 正直島本審次郎 仲道
中岡光次 為鎮島村寿之助 寿栄吉井茂市 則行望月清平 弥塩
土方楠左衛門 久元小畑孫三郎 和安岡実之丞 正方島村寿太郎 雅董
吉本善吉 守成高橋牛之助 介吉鎌田菊馬 張楯吉田省馬 篤明
山本三治 重時石川喜久馬 義秀依岡権吉 弘穀宮田頼吉 貞亮
森脇唯次郎 重成千屋寅之助 考訓浜田清蔵 正敏仲彦太郎 正幹
谷島次郎 恒誠岩崎馬之助 維慊檜垣清治 正路村上保次 守行
藤本駿馬 正和千頭嘉源次 重固大利鼎吉 正義宮崎勝蔵 保之
北代忠吉 恕三瀬八次 峻明村田忠三郎 克復田所助次郎 愛敬
小畑五郎馬 敏行池田卯三郎 義道島地磯吉 義石吉松恒吉 恒敬
野々村庄吉 利敬沖野平吉 信篤尾崎幸之進 直吉田所荘之助 愛敬
志和寅之助 履岡田啓吉 宜稔小松熊市 楽盛伊藤四十吉 弘長
土居左之助 金英中島与市 光尹安岡覚馬 正慎山本四郎 義忠
山本兼馬 正義田口文良 明正岡野佐五郎 義正伊藤甲之助 和義
田岡祐吾 正路平石六五郎 雄西山直次郎 盛城小川平馬 善道
楠本文吉 安茂岡崎山三郎 茂樹上田官吉 正秋中城益次郎 政信
石川潤次郎 正之佐井松次郎 正民板垣寛之助 高幸島村源八 義路
中沢安馬 正和南部展衛 忠成千頭小太郎 久胤宮川助五郎 長春
粟井兎之助 正穂白石馬之助 盛忠秋沢清吉 貞道安岡権馬 正徳
矢野川龍右衛門 為雄尾崎源八 忠治浜田良作 秋登田内衛吉 茂稔
深瀬哲馬 和直吉永良吉 正則三宅謙四郎 幹正田中作吾 茂芸
村田右馬太郎 有尚村田角吾 貞宜公文藤三 景高武政左喜馬 定敬
中村恵三郎 義直中平菊馬 定純長尾省吾 直行観音寺 智隆
山崎喜蔵 正良千屋菊次郎 考健今橋権助 重秦千屋金策 考成
谷脇清馬 修彜高橋俊助 重利片岡左太郎 正雄海路十寸吉 安行
戸梶直四郎 秦敬竹村猪之助 敬義山崎広馬 正義片岡盛蔵 実純
北添佶馬 正信江口参太 定長中村左右馬 政茂片岡団四郎 好直
中平喜之助 忠治中平大治 忠表市川長三郎 祐成今橋武之助 重昌
西田可蔵 共治近藤亀弥 為美宮田節斎 秀貫和食牛馬 龍虎
安岡斧太郎 直行上田蜂馬 元春川久保健次 成清井原応輔 徳道
浜田辰弥 光正岩神主一郎 正路鳥羽謙三郎 勝益下方弥三郎 範為
中山刺撃 光儀古沢迂郎 光迂橋本鉄猪 有蔵土方左平 直行
那須盛馬 利和掘見久庵 輔勝清岡治之助 正道阿部多司馬 正幸
小畑孫次郎 綽裕久松喜代馬 重和松山深蔵 正夫田辺豪次郎 義温
高松太郎 清行柏原禎吉 義勝筒井米吉 清興五十嵐幾之助 敬正
佐井寅次郎 忍石川田貞七 正敏堀内賢之助 直正山本喜三之助 重考
平井収二郎 志敏森助太郎 為政森田金三郎 維種中平保太郎 定晴
三原兎弥太 正亮岡本八之助 忠保上田宗児 則正坂本栄十郎 忠光
浪越肇 宗義服部東蔵 雅世川田乙四郎 義徳吉本平之助 祐雄
楠瀬六衛 直樹都賀田文八 茂穂安岡覚之助 正実上岡胆治 武雄
弘光明之助 利条田所駒吉 元道岡甫助 澄明島村左伝次 雅文
西山平馬 秀幸池知退蔵 重胤安東真之助 好成島村外内 重正
岡本猪之助 正利安岡金馬 忠綱足達行蔵 貞正細木核太郎 栄敦
楠目民五郎 正幹一瀬源兵衛 正藩岡本滝馬 元貞森下幾馬 茂晴
宮地宜蔵 正覚山田三蔵 房清庄村良達 正房西村広蔵 治家
何らかの理由で名簿から削除された人々
吉村虎太郎 重郷岡田以蔵 振宜池内蔵太 定勝那須信吾 重民
大石団蔵 祐之安岡嘉助 正定

階級別割合

諸格式

space_space.gif

(平成某年某月某日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>土佐藩概略>>土佐藩概要>>土佐勤王党 
space_space.gif