space_space.gif
 龍馬堂>>慎太郎概略>>慎太郎概要 
space_space.gif
中岡慎太郎の目録

慎太郎概略

LinkMark慎太郎概要

LinkMark慎太郎肖像(一)

LinkMark慎太郎肖像(二)

中岡慎太郎

LinkMark慎太郎概略

LinkMark慎太郎日譜

LinkMark慎太郎詩評

space_space.gif

慎太郎概要

web拍手 by FC2
家紋
丸に綿の花(丸に綿の実)
紋名
丸に綿の花(丸に綿の実) [1]
花押 [2]
中岡慎太郎元治元年五月一一日付花押中岡慎太郎慶応三年四月二一日付花押
印判 [3]
space_space.gif
名字
中岡
通称
福五郎 [4]・光次 [5]・慎太郎 [6]
藤原 [7]
実名(諱) [8]
春久・為鎮・道正
迂山 [9]・遠山 [10]
変名
石川清之助 [11]・西山頼作 [12]・寺石貫夫 [13]・大山彦太郎 [14]・石川二蔵 [15]・横山勘蔵 [16]・横山正太郎 [23]
生年月日
天保九年戊戌四月一三日甲寅(1838年5月6日) [17]
没年月日
慶応三年丁卯一一月一七日(1867年12月12日) [18]
身分など
土佐国北川郷大庄屋倅・土佐国北川郷大庄屋惣領・土佐国北川郷大庄屋見習・志士(土佐脱藩浪士)・贈正四位
経歴 [19]
島村策吾塾代講 [20]・郡校田野学館通学・間崎哲馬塾々生・武市半平太道場門下・竹村節之進成美塾々生・吉村謙次郎門下・土佐勤王党員・五十人組六番伍長・土佐藩徒目付兼他藩応接密事掛 [21]・招賢閣会議員・五卿護衛会議員・中沼了三塾々生・遊撃隊々士・忠勇隊総督・五卿応接掛・陸援隊々長
剣術流派
一刀流 [22]
砲術流派
高島流

mark_utarntop.png PageTop 


  1. mark_utarnhotyu.png 事典にも殆ど載っていない比較的めずらしい家紋。一般には「丸に綿の花」と呼称されるものの、形象は花ではなく実ではないかとするむきもある。
  2. mark_utarnhotyu.png むかって左が道正の「正」の字をくずしたように見える元治元年(1864年)五月一一日付の花押。右が石川清之介の「之介」部分をくずし重ねたようにみえる慶応三年四月二一日付花押。ほかに道正改名以前の花押が一〜二例つたわるものの手もとの資料では鮮明さにかけるので上掲には略す。なお正字花押のバリエーションはこちら。書き判(サイン)の割りに、統一感はとぼしい。
  3. mark_utarnhotyu.png 落款は存在するものの、拡大できるだけ鮮明な画像が手もとにないので今は省略。
  4. mark_utarnhotyu.png 尾崎卓爾『中岡慎太郎』以来、幼名を福太郎とする例も多いが、中岡源平「中岡家先祖書」には福五郎儀内々源平惣領ニ相立申度とある。ここでは松岡司氏の福五郎説にしたがう。
  5. mark_utarnhotyu.png 伝記では三歳時(天保一一年時)に改称したとされるものの、「中岡家先祖書」嘉永二年条には福五郎の称でいまだみえる。一方、史料における使用下限は文久三年(1863年)一月下旬である。
  6. mark_utarnhotyu.png 文久三年二月中旬より使用例がある。
  7. mark_utarnhotyu.png忠勇隊日記』ほかに中岡慎太郎藤原道正とみえる。本人の自称だと察せられるが、系譜的根拠は不明。
  8. mark_utarnhotyu.png 春久は高島流砲術起証文にみえる実名。為鎮は土佐勤王党血盟時の名。道正は尾崎卓爾『中岡慎太郎』によると先祖の寺石正道の名をもじったものとされ、使用されはじめたのは文久三年五月あたま頃からとおぼしい。
  9. mark_utarnhotyu.png 詩画などに散見されるもので、故郷の地名「烏ヶ森」を音読し号へ転用したものとされる。慶応二年(1866年)の正月まで、変名の名字に「道正」と署名した例がおおく、史料上では同年三月下旬以降に迂山使用例がみえる。
  10. mark_utarnhotyu.png 伝記・略伝にのみ見える号。いまのところ使用例は発見されていない。
  11. mark_utarnhotyu.png 文久三年の末に中岡慎太郎と接触のあった伊藤善平の来談を記す樋口真吉『愚庵筆記』正月二〇条に中岡清之助とみえる例が初見か。文久三年の脱藩以降に使いはじめたと思われ、「石川正」と自署した例もある。
  12. mark_utarnhotyu.png 伝記・略伝にのみ見える変名。元治元年、京都の中沼了三塾潜入のさい用いたとされる。
  13. mark_utarnhotyu.png 黒田嘉右衛門宛書簡その他にみえる変名。西郷隆盛と初会見のさい用いており、松岡司氏の『中岡慎太郎 大輪の回天』によると、ほかに寺石鈍蔵の使用をにおわしていたこともある由。
  14. mark_utarnhotyu.png 慶応元年(1865年)正月ごろから使用例のみえる変名。慶応二年五月三日付書簡清之助之名、筑前ニ而ハ大山彦太郎ト申シ候間、左様思召置被下度とあることから、五卿の太宰府動座にともない、九州方面でおもにつかわれた変名とおぼしい。これに憶測をたくましくすれば晩年九州をめぐり、筑前国太宰府を経て久留米の地で自刃した勤王の志士、高山彦九郎をもじったのではないだろうか。思いつきだが。
  15. mark_utarnhotyu.png慶応ニ年九月二五日付伊地知壮之丞書簡昨夜石川二蔵氏同道ニてとみえる変名。使用例はこれだけか。
  16. mark_utarnhotyu.png 慶応三年六月下旬ごろから使用例のみえる変名。陸援隊が京都の白川藩邸にはいるのがこの頃なので、それにちなむ変名だろうか。自署する例は少ないが岩倉具視など公家の日記にはこの変名で登場することが多い。
  17. mark_utarnhotyu.png 生年月は伝記や略伝にみえるものだが、日付の一三日はあくまでも後年になって知られるようになった伝承。当時中岡家に奉公をしていた女性の家系につたわっていた口伝という。
  18. mark_utarnhotyu.png ただし奥津城にきざまれる命日は一八日。これは坂本龍馬の例同様、被襲撃日を一六日の事とする都合によった解釈(繰り上げによる解釈)のためと思われる。
  19. mark_utarnhotyu.png 尾崎卓爾『中岡慎太郎先生』は、安政三年(1856年)のこととして慎太郎の江戸鏡心明智流桃井春蔵塾入門と翌年の塾頭就任をつたえるのだが、旧著『中岡慎太郎』では安政元年の江戸桃井塾入門を記す。これはどちらも裏づけが史料・略伝になく疑問。ここでは採用しない。
  20. mark_utarnhotyu.png 伝記では「島村岱作」とされることも多いが、岱作の出生は嘉永五年(1852年)なので、岱作の父にあたる策吾(文化一四年-1817年)のあやまりであろうと考えられている。
  21. mark_utarnhotyu.png 松山深蔵の書簡や『維新土佐勤王史』では同職への就任をつたえるものの、文久三年二月一九日付本人書簡には御断ヲ遂候積リニテとみえる。横田達雄説のごとく正式就任はことわったか。
  22. mark_utarnhotyu.png 武市半平太道場が看板を何流にしていたのかは不明だが、道場の開設時期を考慮するかぎり一刀流の小野派とみるのが穏当。細分すれば中西系(中西派)になるだろうか。
  23. mark_utarnhotyu.png 陸援隊士松林織之助が明治二五年(1892年)以降に記したとみられる『旧友覚書』に載る変名。似ている「大山彦太郎」の誤記や記憶違いの可能性もなくはないが一往記す。

mark_utarntop.png PageTop 


主要参考資料
中岡慎太郎陸援隊始末記 中公文庫平尾道雄中央公論新社
中岡慎太郎全集宮地佐一郎(編)勁草書房
中岡慎太郎伝 大輪の回天松岡司新人物往来社
維新土佐勤王史瑞山会(編)日本図書センター
土佐維新史料 書翰篇(ニ)平尾道雄(編)高知市民図書館
中岡慎太郎尾崎卓爾陽明社印刷所
樋口眞吉日記「遣倦録 愚菴筆記」横田達雄(編)県立青山文庫後援会
維新土佐勤王史のウソ・マコト横田達雄横田達雄

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識/平成二七年二月二〇日訂)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>慎太郎概略>>慎太郎概要 
space_space.gif