space_space.gif
 龍馬堂>>関連本など>>雑感・感想>>梅村真也・橋本エイジ『天翔の龍馬(1)BUNCH COMICS』につき雑感
space_space.gif
坂本龍馬の目録

関連本など

LinkMark雑感・感想

LinkMark電子書籍 New

LinkMark2015年〜2016年 New

LinkMark2010年〜2014年

LinkMark2005年〜2009年

LinkMark2000年〜2004年

LinkMark1995年〜1999年

LinkMark1990年〜1994年

LinkMark1980年〜1984年

LinkMark1980年〜1984年

LinkMark1965年〜1979年

LinkMark1964年以前

坂本龍馬

LinkMark龍馬概略

LinkMark龍馬日譜

LinkMark龍馬詩評

LinkMark考龍馬伝

LinkMarkえにし

LinkMark関連本など

space_space.gif

梅村真也・橋本エイジ『天翔の龍馬(1)BUNCH COMICS』につき雑感

web拍手 by FC2

梅村真也・橋本エイジ『天翔の龍馬(1)BUNCH COMICS』

概要

『天翔の龍馬(1)』 慶応3(1867)年11月15日。京都・近江屋、母屋二階の奥八畳間にて坂本龍馬は暗殺犯の凶刃に倒れ、新生日本を見ることなく、その生涯を閉じたとされている。
 もし、あの日、龍馬が死んでいなかったとしたら……?
誰もが一度は考えたことがあるであろう、日本史最大級の「たら」「れば」に、真っ向勝負をかけた意欲作!
動乱の幕末期を、大胆な切り口と圧倒的なスケールで描く、“新・龍馬伝”に瞠目せよ!!
 第1話 脱出
 第2話 中岡の夢
 第3話 写真
 第4話 仇討ち

雑感

書感 「もしも龍馬が近江屋で暗殺されていなかったら?」という趣旨でスタートする歴史ifマンガ。小説としては一応1つのジャンルとして認知されているわりにマンガでifものは比較的希少。予備知識が必要だと勘違いされかねないジャンルだけに、雑誌連載で嫌厭されるもまた宜べなるかな。
 歴史ifものという作品の場合、その手法には出来るだけ歴史的蓋然性にちなんで物語を構築しようとする方法と、逆にひらきなおってドラマ性を重視する方法とがあろうかと思いますが、創作作品に関しては基本「はっちゃけた方が好き」な当方のこと、そういう視点でもって以下記述します。
 まず当巻に登場する主要な歴史上の人物(いまのところオリジナルキャラクターは登場していない)は、坂本龍馬・上野彦馬・近藤勇・土方歳三・後藤象二郎・中岡慎太郎・西郷吉之助・陸奥陽之助・田中顕助・中村半次郎・大久保一蔵・岩倉具視などなど。顔見せや数コマだけ登場の歴史人物(沖田総司・木戸孝允・三吉慎蔵・徳川慶喜など)もふくめると、さらに数は結構なものになりそうです。ちなみに背景キャラじゃない女性キャラクターは今のところお龍さん(しかも数コマ)だけしか登場しておりません。いま登場人物を確認しながら「最近のマンガにしては珍しいなぁ」と思いました次第です。
 本作は所々にナレーション的なかたちで史実系の情報(ただし一部に誤認有)をもりこんでは物語や人物に深みをもたせようと心配りしているようで、その点からは物語の展開をより蓋然的なものにしようとする配慮も読みとれます。ただ作品は龍馬暗殺に薩摩藩黒幕説を採用しており、ここでいう蓋然性とはあくまでもその展開制約上での蓋然性なので、受け手側とのあいだでどうがんばったって必然的にしょうじるであろう資料解釈や人物観とのギャップについては「そういう路線で設定されたお話しなんだ」とでも納得しておくが吉です。
 マンガとしての画力や表現アングルなど、作者のマンガ技術とでもいうべきものは相当高いレベルにある作品だと思いますんで、興味のある方はコチラから第1話の試し読みなどしてみても如何がでしょう。ヒロイックタイプの歴史マンガに不良マンガ(所謂ヤンキーマンガ、)的のテイストを少々くわえたような、なかなか熱い仕上がりになっていると思います。

新潮社:2010年1月15日 発行:514円(税抜)

mark_utarntop.png PageTop 


(平成二二年一月一六日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>関連本など>>雑感・感想>>梅村真也・橋本エイジ『天翔の龍馬(1)BUNCH COMICS』につき雑感 
space_space.gif