space_space.gif
 龍馬堂>>関連本など>>雑感・感想>>管宗次『坂本龍馬と和歌』につき雑感
space_space.gif
坂本龍馬の目録

関連本など

LinkMark雑感・感想

LinkMark電子書籍 New

LinkMark2015年〜2016年 New

LinkMark2010年〜2014年

LinkMark2005年〜2009年

LinkMark2000年〜2004年

LinkMark1995年〜1999年

LinkMark1990年〜1994年

LinkMark1980年〜1984年

LinkMark1980年〜1984年

LinkMark1965年〜1979年

LinkMark1964年以前

坂本龍馬

LinkMark龍馬概略

LinkMark龍馬日譜

LinkMark龍馬詩評

LinkMark考龍馬伝

LinkMarkえにし

LinkMark関連本など

space_space.gif

管宗次『坂本龍馬と和歌』につき雑感

web拍手 by FC2

管宗次『坂本龍馬と和歌』

概要

『坂本龍馬と和歌』 坂本龍馬というのは、書いて遺したものの多い人である。しかしながら、和歌が得意であったことはあまり知られていない。なぜ漢詩ではなく和歌だったのか。文学的な趣味生活が自然と身につく家庭環境に育ったことは、彼の人格形成や思想形成に大きな影響を及ぼした。姉の乙女や愛妻おりょうらと詠み交わした和歌を、近世・近代文学研究者である著者が読み解く。そこから浮かび上がる幕末という時代と、知られざる坂本龍馬の素顔。
[以上、内容紹介から引用]
はじめに
坂本家と和歌
 1 坂本龍馬と和歌
 2 歌会と龍馬の朗詠
 3 和歌と教養
 4 坂本家とその歴代
郷土坂本家と才谷屋
 5 郷土坂本家
 6 養子坂本直足
 7 坂本家三姉妹
 8 坂本乙女と一弦琴
 9 龍馬没後の坂本家
歌集『たちばなの香』と坂本家
 10 紀貫之九百年追悼歌集『たちばなの香』
 11 『たちばなの香』と坂本家
 12 『たちばなの香』の版木
青蓮院御典医楢崎奨作と坊官新藤千尋
 13 おりょうの父親楢崎奨作
 14 楢崎一家 おりょうと兄弟
 15 乙女姉さんに送った和歌詠草
龍馬の和歌短冊
 16 龍馬とおりょうの和歌短冊
 17 ありえない坂本龍馬の漢詩
 18 名乗りは坂本直柔
むすびに
[以上、目次から引用]

雑感

書感 「はじめに」によると、本書は坂本龍馬は漢詩が苦手で和歌が大好き、もともと坂本家はファミリーで歌会をするような優雅な一家であった、[中略]龍馬の好きなあの乙女姉さんも恋女房のおりょうさんも和歌を詠みました。[中略]坂本龍馬が短冊を握りしめ苦吟していたり、おりょうさんと和歌を詠み交わしたり、そんなドラマのシーンがほしいなぁ、と常々思っていたので本にそんなことなども調べて書いてまとめてみたもので、氏自身これまでの坂本龍馬の本には一冊もなかった視点と思うと自負される一冊。

 当然いまに伝えられる龍馬の和歌約二〇首強に注釈をくわえるだけでは本一冊分の尺がとれようはずも普通ならないので、内容は目次や先の引用にもうかがえるとおり、坂本家や楢崎家、歌集『たちばなの香』(龍馬祖母・父・兄の歌が入集している)といった、龍馬個人のみにとどまらない周辺環境にまで筆がおよんでいる。

 これらの話題も単純に紙幅を埋めるため弄されているのではなく、龍馬が和歌に親しむこととなったその家系・家庭的な感化、時に夫と歌会にも顔を出した妻お龍の教養背景をなす家系・家庭的影響、『たちばなの香』の書誌考察や解説など「はじめに」にみえる動機ともかかわって、龍馬和歌の形成土壌や関係が語られている。

 本書論述の主な特徴としては、氏が専攻されている分野の知見(近世・近代期の国文系知識)を活かし、坂本家や楢崎家にだけとどまらない、近世・近代期の文人や一般士層の文化的生活例を折々にあげ、論述の補完や当時文芸文化のいとなみを説く。

 端々に諧謔味のある文章をまじえていることもあって「硬派な学術書」という体では決してないが、「なんとなく坂本龍馬の和歌に興味があります」とか、逆に「坂本龍馬に興味はあるけど、和歌に関しては特別興味もありません」という人に是非一読をとすすめてみたくなる本。硬派な歴史書ばかり詠む人であっても、案外国文系の知識や理解には欠けているものなので、そういう方にもまたオススメ。

ふくろう出版:二〇一三年三月二五日:2,000円(税抜)

mark_utarntop.png PageTop 


  1. mark_utarnhotyu.png ■。

(平成ニ五年五月一八日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>関連本など>>雑感・感想>>管宗次『坂本龍馬と和歌』につき雑感 
space_space.gif