space_space.gif
 龍馬堂>>龍馬詩評>>人傑篇(一)>>人傑篇(二) 
space_space.gif
坂本龍馬の目録

人傑篇(坂本龍馬)

LinkMark其之一

LinkMark其之二

LinkMark其之三

LinkMark其之四

LinkMark其之五

LinkMark其之六

龍馬詩評

龍馬詩歌

LinkMark短歌篇

LinkMark雑歌篇

LinkMark贈歌篇

龍馬評

LinkMark人傑篇

LinkMark英傑篇

坂本龍馬

LinkMark龍馬概略

LinkMark龍馬日譜

LinkMark龍馬詩評

LinkMark考龍馬伝 New

LinkMarkえにし

LinkMark関連本など New

space_space.gif

人傑篇(二)


中岡慎太郎中岡慎太郎

「日々、国家天下のため議論いたし交わり致し候お国の人々は[中略]石川清之助[中岡慎太郎]この人は私同様の人」

「われ中岡と事を謀る。往々論旨相協はざるを憂う。然れども之と相謀らざれば、また他に謀るべきものなし」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


武市半平太 武市半平太

龍馬が武市に付けたあだ名
「武市の窮屈」

坂本龍馬

「武市さんが江戸から国へ帰るとき、京で『一緒に帰らぬか』と言うと龍馬は『今お国ではだれでもかれでも捕まえて斬っておるから、帰ったら必ずやられる』と止めました。けれども武市さんは無理に帰って、果たしてアノとおり割腹しました。龍馬が『おれも武市と一緒に帰っていたもんなら命はないのじゃった。武市は正直すぐるから殺られた。惜しいことをした』とため息をついて話しました」

楢崎龍

楢崎龍

mark_utarntop.png PageTop 


後藤象二郎 後藤象二郎

「この頃、出崎の土佐参政後藤象二郎。近頃の人物にて候」

「この人は同志の中でも面白き人にて候」

「このごろ出京、[土佐藩の]役人にも度々会し、国家に心配仕り候人々は後藤象二郎、[中略]中にも後藤をもって第一の同志致し天下の苦楽を共に致し申し候」

「日々、国家天下のため議論いたし交わり致し候お国の人々は後藤象二郎、[中略]中にも後藤は実に同志にて人の魂も志も、土佐国中で外にあるまいと存じ候。そのほかの人々は皆少しづつ人柄がくだり申し候」

坂本龍馬

「龍馬は後藤を評して『彼は才物である。彼は我と時勢を談ずるに、一言も既往の歴史に渉らず恩讐共に忘るるが如く、杯酒の席に於ても談柄を常に己に属せしむ。真に才物である。我は彼の才を利用して、吾党の志願を達せん』と言って居った」

関義臣

山本龍二

mark_utarntop.png PageTop 


福岡藤次 福岡藤次

「このごろ出京、[土佐藩の]役人にも度々会し、国家に心配仕候人々は[中略]福岡藤次郎」

「日々、国家天下のため議論いたし交わり致し候お国の人々は[中略]福岡藤次郎」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


佐々木三四郎 佐々木三四郎

「このごろ出京、[土佐藩の]役人にも度々会し、国家に心配仕候人々は[中略]佐々木三四郎」

「日々、国家天下のため議論いたしまじわり致し候お国の人々は[中略]佐々木三四郎」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


肖像無 平井収二郎

平井収二郎の切腹を聞いて
「平井の収二郎は誠に惨い惨い」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


肖像無吉田東洋吉田東洋・小南五郎右衛門

龍馬らより聞いた話として
「国中人物なし。[そんな中でも人物は]まず江戸にては小南[五郎衛門]、吉田元吉[東洋]、君公[山内容堂]の寵臣なり。[東洋は]元大臣なれど蟄居す、当前代[正しくは山内豊熈]引き上げる今仕置役」

住谷寅之介

mark_utarntop.png PageTop 


肖像無 毛利荒次郎

「このごろ出京、[土佐藩の]役人にも度々会し、国家に心配仕候人々は[中略]毛利荒次郎」

「日々、国家天下のため議論いたしまじわり致し候お国の人々は[中略]毛利荒次郎」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


肖像無 高松順蔵

伏見寺田屋と日野屋の住み心地を評し
「お国にて安田順蔵さんの家に居るような心持ちにて」

坂本龍馬

mark_utarntop.png PageTop 


肖像無 門田為之助

[門田為之助は]長州俊姫様の嫁入りの事で奔走して居りましたが一度面会に来て『私もこの事が成就せねば切腹せねばならぬから、事によるともうお目にはかからぬ』と言うから餞別をして上げましたが上手くやったのです。『門田は立派にやってくれて有り難い。仕損じたら土佐の名を汚すのじゃった』と龍馬が嬉しがっておりました」

楢崎龍

楢崎龍

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>龍馬詩評>>人傑篇(一)>>人傑篇(二) 
space_space.gif