space_space.gif
 龍馬堂>>龍馬詩評>>英傑篇 あ行 其之一>>英傑篇 た行 其之三 
space_space.gif
坂本龍馬の目録

た行

LinkMark其之一

LinkMark其之二

LinkMark其之三

LinkMark其之四

英傑篇(坂本龍馬)

LinkMarkあ行

LinkMarkか行

LinkMarkさ行

LinkMarkた行

LinkMarkな行

LinkMarkま行

LinkMarkは行

LinkMarkや行

LinkMarkら行

LinkMarkわ行

龍馬詩評

龍馬詩歌

LinkMark短歌篇

LinkMark雑歌篇

LinkMark贈歌篇

龍馬評

LinkMark人傑篇

LinkMark英傑篇

坂本龍馬

LinkMark龍馬概略

LinkMark龍馬日譜

LinkMark龍馬詩評

LinkMark考龍馬伝 New

LinkMarkえにし

LinkMark関連本など New

space_space.gif

英傑篇 た行 其之三


  • 坂本龍馬の事。此者郷士也。先年[文久二年]勤王論を以御国出奔。薩長之間を奔走し、頗ル浪士輩之名望アリト云
  • 浪士之巨魁なる吾藩之者、坂本龍馬・中岡慎太郎
  • 此坂本龍馬なる者ハ、先年御国元出奔し而長州へ行、長藩之浪士輩ト結び、大二人望を得たる者のよし。薩長両藩一時葛藤を生じたる時も頗ル尽力して、其和解を計れりと言。[中略]後藤氏之許可を得而海援隊之長と成れり

寺村左膳


肖像無

mark_utarntop.png PageTop 


  • 道場へ来て龍馬は心機一変、おねしょも泣き虫も一ぺんに飛んでしもうた。朝はまっ先に夕べは最後まで、飯を食わんでも剣道の稽古一筋。愉快でたまらん、おもしろうてたまらん。そんな気持ちでなんぼでもやる。『坂本もうよかろう』というと『先生もう一本、もう一本』といくらでもうってかかる。[中略]そこで体当たりをやると、体は大きいが若いのでぶっ倒れる。すると跳ね起きてまたかかってくる。襟首をつかんで前に引き倒すと腹這いに延びる。それでもすぐ起きてまたかかってくる。この根性にはすっかり感心した。一度道場内の試合龍馬が勝ち放し。二つも三つも年上のもの[兄弟子]をこの時は祖父も師匠達もびっくり。弟子達もびっくり、龍馬自身もびっくりということだった

土居楠五郎孫

肖像無

mark_utarntop.png PageTop 


  • [龍馬の写真に付した賛]報国偉大
  • [龍馬の肖像画に付した賛]誰知精忠万古傳

東郷平八郎

東郷平八郎

mark_utarntop.png PageTop 


  • 坂本は白の琉球絣の単衣に鍔細の大小を差し、色の真っ黒い大男で至ってゆったりと物を言う人であった。[中略]最後に先生[横井小楠]は坂本に向かって『乱臣賊士になる勿れ』と言われた。これは先生も坂本が非凡の漢であったために頂門の一針を下されたのであろうと思う

徳富一敬

肖像無

mark_utarntop.png PageTop 


  • 先生[勝海舟]に度々あって話したものは坂本だけだった。薩長連合案などは先生の説だったろうな

富田鉄之助

肖像無

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>龍馬詩評>>英傑篇 あ行 其之一>>英傑篇 た行 其之三 
space_space.gif