space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>短歌篇(一) 
space_space.gif

短歌篇(武市半平太)

LinkMark其之一

LinkMark其之二

半平太詩評

半平太詩歌

LinkMark短歌篇

LinkMark漢詩篇

LinkMark贈歌篇

半平太評

LinkMark人傑篇

LinkMark英傑篇

武市半平太

LinkMark半平太概略

LinkMark半平太詩評

space_space.gif

短歌篇(一)


天地に 恥る心は 更になし たとひ囚に くち果るとも

mark_utarntop.png PageTop 


敷島の 道ふむ人は むかしより かかるためしの ありとおもへは

mark_utarntop.png PageTop 


神ならぬ てたれかわしらん 目に見へぬ 心の底の 清き光を

mark_utarntop.png PageTop 


夜もねむれぬまま雁の声にても聞きたけれとも
雁かねも うとましとてや 此頃は 雲井を渡る 声たにもなし

mark_utarntop.png PageTop 


寒けさに うれたさも又 いやまして 更行ままに 袖は氷れり

mark_utarntop.png PageTop 


恵まれし 梅の色かに 身をたぐへ はるをまたで 咲にほはなん

mark_utarntop.png PageTop 


かきりなく めづはかりけり くれないに さきにほひける 梅の一枝

mark_utarntop.png PageTop 


ふしの山のゆめを見けれは
おもふこと はるるしるしや ふしのねに かかるくもなき ゆめを見しとは

mark_utarntop.png PageTop 


ふたたびと 返らぬ歳を はかなくも 今は惜しまぬ 身と成りにけり

mark_utarntop.png PageTop 


知義[檜垣清治]のもとより橘を我に送りけれは
賎が身も 君がめぐみし 橘の 香くわしき名は 千代にとどめん

mark_utarntop.png PageTop 


香くわしき 名も橘の 湊川 清き流れを ともにくまなん

mark_utarntop.png PageTop 


元旦
とそ酒を 梅とくまなん あら玉の 年立けふを 心いわいて

mark_utarntop.png PageTop 


はると聞けと いつくに春や きたりけん 人屋の内は 色も香もなし

mark_utarntop.png PageTop 


とし月は あらたまれとも 世のさまは あらたまらぬそ かなしかりける

mark_utarntop.png PageTop 


諸共に 冬籠して 此の花の 今を春辺の 思ひ出もなし

mark_utarntop.png PageTop 


初春
春といへば 心のどけし 遠山乃 ゆきげの雲も かすみとや見ん

mark_utarntop.png PageTop 


野へに出て ながめんとおもふ ともすれは のどけきままに 身をはわすれて

mark_utarntop.png PageTop 


雨ふりけれは
もへ出る 木草とともに 春雨の ふるきむかしの 御代としもかる

mark_utarntop.png PageTop 


ふる雨に 遠山のへの あわゆきも 花と見しまに うつろひにけり

mark_utarntop.png PageTop 


雪のうちに 埋みし野辺の 若菜さえ 人に摘まるる 春となりつつ

mark_utarntop.png PageTop 


さひしさに いととおもひの まさりきて 尚袖ぬらす 夜半の春雨

mark_utarntop.png PageTop 


深く匂ふ 色香もなくは 梅の花 など手折るる 事のあるへき

mark_utarntop.png PageTop 


ひとりねの 枕に匂ふ 梅か香に ゆめおどろかす 春のあけぼの

mark_utarntop.png PageTop 


ひとり身の 友とおもへは けさも又 ほほえみかくる 窓の白梅

mark_utarntop.png PageTop 


ひげはのひ やせおとろへて ほねがでて また其上に あかはぼろぼろ

mark_utarntop.png PageTop 


あぢなき 事とはよくも しりなから などおもかげの わすれえぬらん

mark_utarntop.png PageTop 


おもひきや ひとやの内に ながらへて 又えみ初る 梅を見んとは

mark_utarntop.png PageTop 


天神様へ日々参ると聞きて
あわれ汝が 赤心を すがはらの 神のめぐみの なからましやは

mark_utarntop.png PageTop 


例のとふ水[拙なる歌の意]
にごりなき 水の流を くむ人は 水の心を しる人そくむ

mark_utarntop.png PageTop 


君がくむ 清き泉を 世に流し にごりし四方の人にくまさん

mark_utarntop.png PageTop 


川上の 元の泉は 清けれと にごり流るる 世をいかにせん

mark_utarntop.png PageTop 


雨をよろこふ
愛ぬへし 花の咲の もえとえとと ふる春雨の めくみなりせは

mark_utarntop.png PageTop 


ふりつづく 此春雨に 世の中の 積もりしおかも あらい流さん

mark_utarntop.png PageTop 


むらくもの 月にかかりし はれまをは まつは千年の おもひなりけり

mark_utarntop.png PageTop 


[注…この歌は水戸の岡崎某の作か]
みしはちを すすがんまでと ちりよりも おしからぬ身を なかろうるかれ

mark_utarntop.png PageTop 


日くれに雁を聞きて
冬の日の 空もしぐるる 夕暮に あわれをさそふ かりの一声

mark_utarntop.png PageTop 


風ふき寒ければ
空さへて 木がらし寒し あし引の 山あなたに 雪やふるらし

mark_utarntop.png PageTop 


わか身をおもひて
み山木の しづえし谷の あつ氷と くることなき 身ぞあわれなる

mark_utarntop.png PageTop 


八日[元治元年一二月か]の朝雪ふりたれは
野も山も しらぬ身なれは 今しばし しいてふらなん まとのしらゆき

mark_utarntop.png PageTop 


夜月さし入けれは
夜を寒み 空さへわたる 月影の 物おもふわが袖 わ氷れる

mark_utarntop.png PageTop 


朝梅の花よく咲けれは
物おもふ われとしりてや 梅の花 いろりもことに 今朝は咲けり

mark_utarntop.png PageTop 


のこりなく 咲は又ちる ちるはうし 心しななん 花かめの梅

mark_utarntop.png PageTop 


初雪
朝まだき おちつつ見れは ちりあへぬ 庭のこの葉に かかるしらゆき

mark_utarntop.png PageTop 


山家雪
まれにとふ 人もありしに この頃の ふりつむ雪に 道やたへけん

mark_utarntop.png PageTop 


都べの 人に見せはや わかさとの 木ごとの花の ゆきのけしきを

mark_utarntop.png PageTop 


春風の ふけはいつしか 冬ふかみ ふりつむふしの ふぶきさへきゆ

mark_utarntop.png PageTop 


長州がこのころおとろへて水戸のつくば山ぐみかはげしきと聞て
冬ざれは にほひし萩も かれはてて つくはの山の 風そさやけき
うき雲を ふきはらはなん わしのすむ あはれつくばの 山おろしの風

mark_utarntop.png PageTop 


浜への雪
もしひやく けむりと見しを 須磨浦 並木もわかず ふれるしら雪

mark_utarntop.png PageTop 


赤石がた 雪の夕暮 ながむれば 波の底より 帰るつり舟

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>短歌篇(一) 
space_space.gif