space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>短歌篇(二) 
space_space.gif

短歌篇(武市半平太)

LinkMark其之一

LinkMark其之二

半平太詩評

半平太詩歌

LinkMark短歌篇

LinkMark漢詩篇

LinkMark贈歌篇

半平太評

LinkMark人傑篇

LinkMark英傑篇

武市半平太

LinkMark半平太概略

LinkMark半平太詩評

space_space.gif

短歌篇(二)


湖雪
近江の海 雪の夕暮 見渡せば 浪やこゆらん から崎のまつ

mark_utarntop.png PageTop 


駅路雪
ふりつもる 雪に鈴鹿の ろも絶ぬ 関のこなたに 宿はからまし

mark_utarntop.png PageTop 


川辺雪
思ひやれ ふはまもさゆる 雪の夜に 綱手もおもき 淀の曳舟

mark_utarntop.png PageTop 


牡雪
八幡なる もりの梢に かかる雪 神の名におふ 旗と見ゆらん

mark_utarntop.png PageTop 


故郷雪
草も木も 枯てしら雪 降里は 消るばかりに 物や思はん

mark_utarntop.png PageTop 


山地雪
音信も 絶てふりにし 山里も 今朝の 初雪人に 見せばや

mark_utarntop.png PageTop 


初雪
有明の 月や照はと 打見れば 落葉か上に ふれる白雪

mark_utarntop.png PageTop 


浦辺の雪
明石かた 降くる雪に かきくらし 遠くなりけり ゆく淡路しの山

mark_utarntop.png PageTop 


さ夜中に まと吹風の 身にしみて 寒けき床に 匂ふ梅か香

mark_utarntop.png PageTop 


冬の日は いくかもあらし 咲からは 鴬さそへ まとの梅か香

mark_utarntop.png PageTop 


ふるさとの ゆめは夜な夜な のこりけり うらからしくも めくる月日か

mark_utarntop.png PageTop 


つどひして かたりあはなん 二年の つもるうきをは むかしふぞして

mark_utarntop.png PageTop 


年の暮
あはれてふ ことの葉をのみ くりかえし いととなみたに 暮るとしから

mark_utarntop.png PageTop 


うきことは くれゆく年に たぐえやりて むねのおもひの はるをむかへん

mark_utarntop.png PageTop 


逢事の ならぬ此身と なりぬれと こころの逢そ うれしかりける

mark_utarntop.png PageTop 


かきねんど 門松なとの 売声を 聞てこそしる 年の暮とは

mark_utarntop.png PageTop 


たをりこし 梅の一枝 見てしより 家人に逢 心地こそすれ

mark_utarntop.png PageTop 


この梅の 花をは君の 面影と おもひかえして なかめくらさん

mark_utarntop.png PageTop 


初日影 にほい出たる のとけさる おもひも春の 心こそはれ

mark_utarntop.png PageTop 


花咲て 散らは色香を とむへきを つぼみながらの 身そ哀なる

mark_utarntop.png PageTop 


北山の 時雨にくもる 君が身は はや晴れ渡る 時やくるらん

mark_utarntop.png PageTop 


久方の 雲井を渡る 雁かねの 声もあはれに 聞へけるかな

mark_utarntop.png PageTop 


雁かねも 心ありてや あはれけに 雲井にまよふ 声聞ねなり

mark_utarntop.png PageTop 


大君の 御ものおもひも しりながら 安けく暮す 世の人やなぞ

mark_utarntop.png PageTop 


世のうきを いとど思に くれ竹の 身のふしぶしも くだくばかりに

mark_utarntop.png PageTop 


終に
いねてみて 叉おきてみつ いねてみつ 今宵も聞し 暁のかね

mark_utarntop.png PageTop 


獄道の 云ならわしは これなるや ねたりおきたり くたりひつたり

mark_utarntop.png PageTop 


けふはとの様御乗舟と拝し折柄風吹けれは
払ひてよ 都乃空の 浮雲を けふ吹出す 土佐の浦風

mark_utarntop.png PageTop 


夕かた御供の人々賑々敷立行けるを聞て
加茂川の 清き流に 身をそめて そそぎて帰れ 濁る心を

mark_utarntop.png PageTop 


廿二日[元治元年一二月か]今朝は雪ふりけると聞けれど見る事もならずて
ふる雪も 尚うらめしき 朝ぼらけ 窓うつ風の 音のみそ聞

mark_utarntop.png PageTop 


せめてこの 軒端の窓も ままなれは 花そとも見ん 今朝の初雪

mark_utarntop.png PageTop 


我身を歎きて
ふたたひは 又めくりこぬ 月や日を おしみもやらぬ 身とはなりける

mark_utarntop.png PageTop 


かきりなき 獄の内の うれたさも うち忘れたり 君かうつし絵

mark_utarntop.png PageTop 


厚氷 はりし心は 清けれと 解日の神を 曇ぞ憂

mark_utarntop.png PageTop 


わし鷹の 爪折しより むら雀 世を憚からす 鴨渡るらん

mark_utarntop.png PageTop 


頼みつる 梶おれしとて 舟人の 真心あらは 神や守らん

mark_utarntop.png PageTop 


ことの葉を かわすにつけつ ゆかしさの 猶いやまさる 君の面影

mark_utarntop.png PageTop 


兼ねてより 君にささけし 身なりせは 囚の中も なにかいとわん

mark_utarntop.png PageTop 


君の為 植し千草も 此頃の 朝けの霜に 冬枯にけり

mark_utarntop.png PageTop 


守人の あと先分かぬ むだことを 聞につけつつ 憂ぞましけり

mark_utarntop.png PageTop 


九月三〇日の夜
虫の音も いとと哀しく 聞こえけり 今宵はかりの 秋とおもへは

mark_utarntop.png PageTop 


大空に 照る月影は 清けれど 蔽へる雲を いかにかせん君

mark_utarntop.png PageTop 


人の目に 見へぬ心の 増鏡 清き光は 神そ知るらむ

mark_utarntop.png PageTop 


筆の迹 見るにつけつつ 床しさの なほ弥増る 君の面影

mark_utarntop.png PageTop 


忌はしき 獄屋に積る 此のうさを 弥陀の国にて 共に語らむ

mark_utarntop.png PageTop 


家に送りし消息の中に月の歌とて
世を思ふ 心の足らて かかる身は 隙洩る月の 影も恥つかし

mark_utarntop.png PageTop 


春曙
あはれさは いひもえやらず 月影の 霞にのこる 春のあけほの

mark_utarntop.png PageTop 


かにまよふ 花のつぼみの年ざかり ちうとせつぎにふみなづむ みちのつじうらからすなき ひらくふばこのかきおきに おどろくかひもなつくさの なみたのつゆもおしつつみ かたきととにいたたかぬ てんのたすけにむねんもはれて のちのおんなのかかみ山

[俗歌「黒髪」の替え歌、半平太が妻・富に贈ったもの]

mark_utarntop.png PageTop 


[元歌]

はるかきままになるならは さくらにきよき月をみて いとしいおかたとねてみたい なつがきままになるならは かのないさとへすまひして すみ田のあらしにふかれたい

(半平太作の替歌)

春の日ながにをりはたや またぬひはりのみようふをえて くにのおためかしてみたい なつはこがひや田うえなど いえのなりはひいとなみて おやをすすしくしてみたい

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識)

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>短歌篇(二) 
space_space.gif