space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>英傑篇 あ行 其之一>>英傑篇 な行 其之一 
space_space.gif

な行

LinkMark其之一

英傑篇(武市半平太)

LinkMarkあ行

LinkMarkか行

LinkMarkさ行

LinkMarkた行

LinkMarkな行

LinkMarkま行

LinkMarkは行

LinkMarkや行

LinkMarkら行

LinkMarkわ行

半平太詩評

半平太詩歌

LinkMark短歌篇

LinkMark漢詩篇

LinkMark贈歌篇

半平太評

LinkMark人傑篇

LinkMark英傑篇

武市半平太

LinkMark半平太概略

LinkMark半平太詩評

space_space.gif

英傑篇 な行 其之一


  • 瑞山[半平太]君は如何の訳をもて唯今[文久三年六月]の様に[無為に藩内へとどめ]腐らし置き候事かな。上京も候えば、きっと天朝の御為にも相成る人に候を止め候は如何。実に慨すべくの至りに候事
  • [西郷吉之助を評し]その誠実、武市に似
  • [半平太の最後を聞いて]瑞山先生、死に臨て従容の事実を聞、おもわず感動

中岡慎太郎

中岡慎太郎

mark_utarntop.png PageTop 


  • 半平太のごとき因循者

中山忠光

中山忠光

mark_utarntop.png PageTop 


  • 武市さんが江戸から国へ帰るとき京で『一緒に帰らぬか』と言うと龍馬は『今お国ではだれでもかれでも捕まえて斬っておるから、帰ったら必ずやられる』と止めました。けれども武市さんは無理に帰って、はたしてあのとおり割腹しました。龍馬が『おれも武市と一緒に帰っていたもんなら命はないのじゃった。武市は正直すぐるからやられた。惜しいことをした』とため息をついて話しました

楢崎龍

楢崎龍

mark_utarntop.png PageTop 


  • [土佐勤王党を評し(この発言は林勇の可能性あり)][藩]人あり、謀反人あり、人殺しあり、実に甚だし。其の内にて誰が見ても貴方[半平太]が頭取
  • [審問における半平太の問答を評し]上手く言い抜ける。[中略][岡田以蔵と]義を絶たぬうちに『心中で見限りていた』などは貴方に似合わぬ口上なり

野中太内

mark_utarntop.png PageTop 


(平成某年某月某日識)

  • な行 其之一

mark_utarntop.png PageTop 

space_space.gif
space_space.gif
 龍馬堂>>半平太詩評>>英傑篇 あ行 其之一>>英傑篇 な行 其之一 
space_space.gif